柔道の世界選手権女子48キロ級で28日、両親が南風原町大名出身の渡名喜風南さん(22)=帝京大4年=が金メダルを勝ち取った。一夜明けた29日、両親の元には柔道仲間や沖縄の親戚から祝福のメッセージが相次ぎ、父庸吉さん(52)は「世界一のすごさを実感している」と改めて喜びをかみしめた。