【中部】米軍普天間飛行場所属のオスプレイがオーストラリア沖で墜落した事故を受け、県議会の新垣清涼氏(おきなわ)らは29日、沖縄防衛局など日米の関係機関を訪れ、事故に抗議し、オスプレイ配備撤回や普天間飛行場の5年以内の運用停止などを求める抗議決議と意見書を手渡した。