沖縄労働局の雇用環境・均等室は29日、2016年度の男女雇用機会均等法に関する相談件数と、法律違反に対する指導件数を発表した。セクハラなどの相談件数は前年度比70件減の148件となった一方、指導件数は208件で前年度の約2倍に増え、統計が残る09年以来最多となった。