沖縄タイムス紙面掲載記事

縄文時代も犬は「家族」?/名護で全身骨格2体発見/4500〜5000年前 人が埋葬か

2017年8月31日 00:00

 【名護】名護市安和区の河川改修工事に伴う文化財調査で、縄文時代晩期(紀元前3000〜2500年)の地層からほぼ全身の骨格が残った犬の骨2体が見つかった。周辺では土器や石器、貝殻、ジュゴンの骨などが出土している。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
注目トピックス