【名護】名護市安和区の河川改修工事に伴う文化財調査で、縄文時代晩期(紀元前3000〜2500年)の地層からほぼ全身の骨格が残った犬の骨2体が見つかった。周辺では土器や石器、貝殻、ジュゴンの骨などが出土している。