米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイが大分空港に緊急着陸したことを受け、県内では30日、米軍の安全対策や運用を疑問視する声が上がった。(1面参照) 宜野湾市の佐喜真淳市長は、度重なる普天間所属機の事故に「市民、県民の不安は募るばかりだ。こういう事案はなくしてほしい」と憤った。