沖縄タイムス+プラス ニュース

普天間5年内停止の定義、防衛相1カ月で撤回

2015年4月25日 10:15
9秒でまるわかり!
  • 中谷防衛相が「普天間飛行場5年内停止の定義」を撤回した
  • 3月の衆院安保委では「飛行機が飛ばないこと」と答弁していた
  • 防衛相「幻想を与えることは言うべきでない」「不正確だった」

 【東京】中谷元・防衛相は24日の衆院安全保障委員会で、米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止の定義を「飛行機が飛ばないこと」と発言した3月26日の同委員会答弁は不正確だったとして撤回した。下地幹郎氏(維新)への答弁。「運用停止」の定義は、中谷氏が政府で初めて具体的に示したが、約1カ月で再びあいまいにした。県や宜野湾市は「飛行機が存在しないか、空中に浮かんでいない状況」を求めており、実現性に対する政府への不信感がさらに強まりそうだ。

中谷元防衛相

 中谷氏は「言葉というのは大事で、幻想を与えることは言うべきでない。運用停止が『飛行機が飛ばないこと』というのは不正確な発言だと認めて撤回させていただく」と述べた。その上で「できることは全て行う」と負担軽減に取り組む考えを示したが、具体的な中身には触れなかった。

 「運用停止」の定義はこれまで政府から明確な回答がなく、中谷氏が3月26日の同委員会で照屋寛徳氏(社民)の質問に「飛行機が飛ばないこと」と初めて踏み込んで答弁していた。

 下地氏は自身が訪米した際、国防総省高官が「辺野古(新基地)が完成するまで普天間を使用する」との考えを示し、5年以内の運用停止を完全に否定したことを根拠に「いま大事なことは基地問題で嘘をつかないこと」と中谷氏に発言の撤回を促した。

 「5年以内」は自民党県連が普天間の移設先を「県外」から「辺野古容認」に転換した際の条件で、仲井真弘多前知事が辺野古埋め立て承認をする直前の2013年12月17日に安倍晋三首相に要請し、約束させた。政府は翁長雄志知事就任後も「5年以内」に取り組むことは「不変」としている。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
第72回沖展「特別展」
第72回沖展「特別展」
3D+VRでの鑑賞や、準会員賞・沖展賞などを紹介したYouTubeのスペシャルコンテンツを配信中
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
アサヒ飲料が「健康長寿おきなわ復活」に向けてのヒントを紹介します。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。