沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古の工事現場にウミガメ用トンネル

2017年9月2日 05:00

 新基地建設が進む辺野古崎西側の仮設道路工事現場で31日、ふ化したウミガメが海へ向かって行けるよう、道路下に簡易トンネルが作られているのが確認された。沖縄防衛局の職員が市民にウミガメの保護策と説明したという。基地建設に反対する市民は「これで本当に海にたどり着くのか」と実効性を疑問視した。

仮設道路下のウミガメ専用トンネル。奥には産卵場所がある=31日、米軍キャンプ・シュワブ沿岸

 仮設道路は産卵場所の浜から海へのアクセスを遮る形で岸に沿って建設されている。産卵場所付近には土のう袋が2列に並べられ、ウミガメの誘導路とみられる。

 NPO法人日本ウミガメ協議会の若月元樹さんは「ウミガメはほのかな明かりを頼りに海へ向かう。逆に、トンネルがその妨げになるかもしれない」と指摘。「海へ出ても目の前でフロートが2重に張り巡らされていれば沖へ出にくくなる。障害になる可能性はある」と話した。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS