内閣府が3190億円の2018年度沖縄関係予算を求めたことを受け、県内経済界からは3千億円台の確保を評価する一方、一括交付金の減額が、好調な県内景気の足を引っ張るきっかけにならないか懸念する声もあった。