【東京】水産庁は31日に提出した2018年度の概算要求で、日台漁業取り決めの影響を受ける県内の漁業者の経営安定を図る「沖縄漁業基金」事業として20億円を盛り込んだ。事業は20年度まで3年間継続される。