「琉球もろみ酢の日」の3日を前に、もろみ酢公正取引協議会(松田亮会長)と琉球もろみ酢事業協同組合(松田亮代表理事)は2日、沖縄県那覇市のイオン那覇店で普及拡大に向けたイベントを開いた。泡盛の女王の多良間香織さんらが試飲即売会を行った。3日まで。

琉球もろみ酢を試飲する買い物客ら=2日、イオン那覇店

 もろみ酢は泡盛の製造過程で生じる「もろみ」を圧搾・ろ過したエキスで、原液が75%以上含まれる商品は公正取引協議会の認定マークが付いている。「酢」という言葉がついているが、酢酸を含む「食酢」ではなく、天然アミノ酸やクエン酸を豊富に含む清涼飲料だ。

 多良間さんは「もろみ酢は疲労回復や免疫力アップにいい。基礎代謝も向上させるので、ダイエットや美容にも最適。幅広い世代に飲んでもらいたい」とPRした。

 琉球もろみ酢にはクエン酸が豊富に含まれることから、クエン酸の語呂合わせで9月3日を「琉球もろみ酢の日」と定めている。