名護市議会(屋比久稔議長)は1日、外務省沖縄事務所と米国総領事館を訪れ、普天間飛行場所属のオスプレイがオーストラリア東部沖に墜落した事故に抗議する決議と意見書を提出した。オスプレイの配備撤回、普天間飛行場の閉鎖と県内移設断念、事故原因の徹底追及と関連情報の速やかな公開などを求めた。