【南城】「第22回ふるさと伝統芸能まつり」(主催・同実行委員会)が8月27日、大里中学校(長嶺文男校長)で開かれた。市大里の24自治会の中学生がそれぞれの地域に分かれ、エイサーや棒術など地域に伝わる芸能を披露した。 同中では地域の伝統芸能に親しんでもらおうと、夏休みを利用して祭りの練習に取り組んだ。