大地震や津波などの防災対応を有識者と議論する沖縄総合事務局の「沖縄の持続的な発展を支える防災対応推進会議」が8月31日、那覇市の同事務局で開かれた=写真。空港や港が被災し沖縄が孤立した場合の備えなど、県内特有の防災のあり方が話し合われた。