本島南部の公立小学校に通う4年男児(当時)が2015年に自宅で自殺した件で、自殺といじめの関連などを調査する第三者委員会の第20回会合が8月28日、開かれた。当時学校に勤めていた教職員2人から、亡くなった児童へのいじめの有無、自殺を防げた可能性があるのか、同校のいじめへの対応などを聞き取りした。