人と自然の関わりをテーマに小・中学生8人が慶良間諸島を視察した「沖縄こども環境調査隊2017」(主催・沖縄タイムス社、共催・沖縄美ら島財団)のシンポジウムが2日、那覇市久茂地のタイムスホールで開かれた。隊員はグループで自然との共存について意見を発表。