養豚の生産・出荷量の目安になる屠畜(とちく)頭数が県内で減少していることを受け、沖縄県は2015年度から養豚衛生獣医療体制整備事業を始める。各地域農場の衛生状態の均一化や養豚獣医師の育成が柱で、成長過程の事故死や母豚の受胎率低下など、屠畜頭数が減少する要因とされる実態の有無を調査。