大弦小弦

[大弦小弦]米国が72年前、広島・長崎に躊躇なく原爆を落とした理由…

2017年9月5日 07:22

 米国が72年前、広島・長崎に躊躇(ちゅうちょ)なく原爆を落とした理由の一つとして、日本人に対する差別意識があったとされる。日本も同様に「鬼畜米英」と国民をあおった

▼当時、米国では「カミカゼ」が喧伝(けんでん)された。「天皇陛下万歳」を叫びながら自爆攻撃を仕掛ける日本人のイメージは「狂信的」「話が通じない」「同じ人間ではない」となり、米国民の多くは原爆投下を歓迎した

▼北朝鮮は3日、核実験を強行した。国際世論を無視した暴挙に対して友好国の中ロも強く非難するなど、孤立に拍車が掛かる。日本が無謀な対米戦に突き進むきっかけとなった、石油禁輸も叫ばれ始めた

▼米国の北朝鮮政策は、言うことを聞けば援助、従わないと武力で脅す「アメとムチ」。だが、米国の脅迫と北朝鮮の反発がエスカレートした結果、今日の抜き差しならぬ事態がある

▼評論家の加藤周一さんが生前の講演で、北朝鮮についてこう語っていた。冷戦時代の米ソ交渉を例に挙げ、「相手の意図が分からなければ、相手も理性的に行動するだろうという方に賭けて交渉するしかない」

▼戦争遂行には相手に対する差別と憎悪を必要とする。最悪の事態を避けるためには、同じ人間であるという前提に立って対話するしかない。「ならず者」と、北朝鮮の悪口をいくら並べたところで何一つ解決しない。(磯野直)

基地で働く―軍作業員の戦後
沖縄タイムス社
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 352,603

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

 名護のトラウマ 沖縄知事選「接戦」報道に疑念 予想的中した現場感覚

 「なぜあんたが出ない」革新側に吹き続けたすきま風 宜野湾市長選の舞台裏

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS