◆戸田守准教授(琉大熱帯生物圏研究センター)

(資料写真)ハブ

(資料写真)ハブ

 なぜ、沖縄にハブのいる島といない島があるのか。それを合理的に説明することは難しい。海面上昇でサンゴ隆起の島が沈んでしまい、そこに住むハブがいなくなったという興味深い学説もあるが、今のところきちんとした根拠はない。

 ハブが宮古島や粟国島などに分布しない理由については、偶然の要素がある。小さい島でいろんな種が生き残っていく中で、雨が非常に少ないとか大型台風の襲来などによって、生き物へのダメージがあったと想定される。自然環境をはじめ、食べ物や島の大きさなども影響していると考える。

 宮古島では、ハブの化石も見つかっている。かつては存在していたが絶滅し、その後は海を隔てて入ってこなかったのだろう。

 ちなみに、4年前にハブが見つかった宮古島と今回の粟国島のハブについては、私の個人的な見解だが、元々島にいたのではなく、誰かが持ち込んだものと考える。(談)