伊良部大橋の転落事故を受け、宮古島署は関係機関との協議を検討している。死亡男性が一般車両の駐停車禁止エリアに駐車して事故に至ったことから再発防止策を検討する見通しだ。 男性が転落したのは、船の往来スペースを確保するために橋がせり上がった高さ約30メートルの最上部。