「なす病」といっても野菜のなすではありません。信州大学病理学教室の「那須教授」の名前が付けられたもので、日本では俗に「なす病」と呼ばれることがあります。  1961年、寺山により最初の臨床報告があり、以後「特異な骨の病気」として発表が続きました。