全国の自由診療クリニックで他人の臍帯血(さいたいけつ)が無届けで移植された事件を受け、厚生労働省は4日、臍帯血に関連した医療を提供する医療機関のウェブサイトに虚偽や誇大な表現が含まれていないか重点的に監視する方針を決めた。