那覇商業高校の生徒商業研究部の部員約15人が防災意識や災害への備えについて研究し、ハザードマップを作製、パイナップルを使った「非常用保存食ちんすこう」を開発した。