【東京】「新基地はいらないと、沖縄が声を大にして訴えている」「本土との溝を共感で乗り越えたい」-。長年、沖縄に通い続ける東京在住の作家落合恵子さん(70)が、そんな思いを詩にした。