在沖米空軍第18航空団は6日、米軍嘉手納基地で今週、即応訓練を実施すると発表した。サイレンや拡声器放送、模擬爆発装置(GBS)を使用するとしており、基地周辺で騒音の発生が予想される。嘉手納町によると、訓練は6日から数日間実施される予定だという。