1944年10月10日に沖縄や奄美などを襲った米軍の無差別爆撃。延べ1396機の艦載機から541トンもの爆弾を投下した。日本軍の軍事拠点の破壊と本土攻略に向けた沖縄の地形空撮などが目的。