沖縄タイムス+プラス ニュース

スカウト注目の152キロ右腕 八重山商工の平良海馬がプロ志望届

2017年9月8日 17:07

 日本高野連は7日、連盟ホームページで、八重山商工の平良海馬投手(17)が、プロ入り希望の高校生に義務付けた「プロ野球志望届」を提出したと発表した。4日から提出者を掲載しており、7日までに平良を含む16人が提出している。

夏の県大会で150キロ超の剛速球を投げ、注目を集めた八商工の平良海馬=6月18日、沖縄セルラースタジアム那覇

 平良は身長173センチ、体重84キロの本格派右腕。沖縄県春季大会で自己最速152キロの剛速球を投げ、プロ注目に名乗りを上げた。「野球を始めた頃は、こんな選手になれると思わなかった。球が速くなり、自信がついた」と振り返る。夏の県大会では初戦で惜敗したものの、球速は151キロを記録。ネット裏にはプロのスカウトも多く詰め掛け、注目度の高さを伺わせた。

 志望届提出については「高いお金をもらって、好きな野球ができることに憧れがあった」と迷わなかった。「(指名されなくても)大学に行ってまた志望届を出せばいい。受かっても落ちても、心の準備はできている」と不安はない。

 憧れはオリックスの金子千尋投手。「変化球もまっすぐも同じ軌道で、打者に的を絞らせない金子投手の投球が理想。すごいピッチャーだと思う」。志望球団は特にないが、「若い人を積極的に使ってくれて、機会を与えてくれる球団なら」と意欲を示した。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS