沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古新基地:1週間ぶり資材搬入 車両130台がシュワブに

2017年9月8日 13:55

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は8日午後1時までに、砕石を積んだダンプなど工事車両130台を米軍キャンプ・シュワブに入れた。資材搬入は旧盆休みを挟んで1週間ぶり。工事用ゲート前に座り込んだ抗議の市民が2度にわたって排除された。

「N5」護岸建設予定地周辺では仮設道路の工事が確認された=8日午前9時すぎ、名護市辺野古沖

 海上からは、シュワブ内の辺野古崎西側にある「N5」護岸建設予定地周辺などで仮設道路の工事をしているのが確認された。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS