「たとえ先で何かわかったとしても、あの男が正直に教えよるとはとうてい思えんわね」 電話の向こうの比佐子(ひさこ)がいまいましげに言う。「そうでしょうね」千秋(ちあき)は頷(うなず)いた。