沖縄タイムス+プラス ニュース

東浜15勝! リーグ単独トップ 独走ソフトバンクの大黒柱

2017年9月9日 07:59

 プロ野球パ・リーグ、ソフトバンクの東浜巨投手は8日のロッテ戦に先発、リーグ単独トップの15勝目(4敗)を挙げた。

リーグトップの15勝目を挙げたソフトバンク・東浜=ZOZOマリン

 東浜投手は沖縄尚学高のエースとして2008年の選抜高校野球大会で優勝。亜細亜大学を経て、12年にドラフト1位でソフトバンクに入団した。最初の3年間は6勝ながら、昨年は9勝と2桁勝利に迫った。

 今年は開幕からローテーションを守り続け、首位を独走するチームで大黒柱の活躍を続けている。

 沖縄県内高校出身者では、安仁屋宗八投手(沖縄=現沖尚出)が広島時代の1968年に23勝をマーク。仲田幸司投手(興南出)が92年に阪神で14勝、新垣渚投手(沖縄水産出)は2006年にソフトバンクで13勝を挙げている。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS