沖縄タイムス+プラス ニュース

オスプレイ午後10時以降の離着陸116回 前年度比1.7倍

2017年9月13日 06:00

 沖縄防衛局は8日、米軍普天間飛行場で訓練するヘリコプター(回転翼機)とオスプレイの2016年度の飛行状況調査結果を公表した。日米の騒音規制措置(騒音防止協定)で飛行が制限されている午後10時から午前6時までのオスプレイの離着陸は計116回で、前年度の70回と比べ約1・7倍となった。14年度の137回よりは微減だが、深夜、早朝の騒音被害の実態が改めて示された。

 116回のうち16年6月が49回と最多で、7月が33回と続いた。内訳は、着陸112回、離陸4回だった。全時間帯では、離陸1370回、着陸1345回で、月平均は約226回。離着陸合計の月別では16年6月の376回が最多で7月284回、17年1月278回と続いた。最少は16年9月の87回だった。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS