那覇空港の第2滑走路増設事業の護岸工事を進める沖縄総合事務局が、埋め立てに使用する石材を県外から搬入するため計画変更を県に申請していたことが8日分かった。当初は全石材を本島内で調達する計画だったが、冬季の荒天で想定より作業の進捗(しんちょく)が遅れており、県外の石材も必要と判断した。