政府と県、宜野湾市は米軍普天間飛行場負担軽減推進会議の作業部会を14日を軸に開催する方向で調整していることが8日、分かった。開催は5月以来約4カ月ぶり。期限が2019年に迫る同飛行場の5年以内の運用停止のほか、豪州沖での墜落や大分空港への緊急着陸など、相次ぐオスプレイの事故などが議題に上る見込み。