名護市辺野古の新基地建設で沖縄防衛局は8日、移植対象となるサンゴの分布域や移植条件を見直すことを県に文書で伝えた。防衛局は、移植対象となるサンゴの分布域を特定する調査を改めて実施する予定。結果次第では、現在の移植条件よりも小さな規模のサンゴも移植対象とする可能性がある。