北海道北斗市の新函館農業協同組合は8日、同市の農家1戸が生産したキュウリから食品衛生法の基準値を超える農薬成分「ディルドリン」を検出したとして、この農家の生産分を含め、4日と5日に出荷した853箱計4526キロを自主回収すると発表した。食べても健康に影響はなく、被害の報告もないという。