一般に島の高齢者は、介護が必要になっても、生まれ育った島にとどまり、島で暮らすことを望む。だが、医療資源の乏しい離島では、必要な介護サービスが十分に受けられない。