【ニューヨーク、北京共同】核実験を強行した北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議協議で、原案を作成した米国は8日、予定通り11日採決の方針を通告した。北朝鮮の経済的後ろ盾となってきた中国とロシアとの間で決議案の最終調整に入った。