沖縄気象台によると、猛烈な台風6号は10日午後9時にはフィリピンの北のバシー海峡を時速15キロで北北西に進んでおり、先島諸島は11日夜、沖縄本島地方は12日の朝から昼前には暴風域に入る恐れがある。沖縄に襲来する5月の台風は、2011年以来。