沖縄気象台によると、強い台風6号は11日午後6時現在、西表島の南南西約280キロを時速20キロで北北東に進んでいる。今後は、速度を上げながら沖縄地方にかなり接近し、沖縄本島地方を時速50キロ以上で通過する見込み。