米軍の結論は今回も「パイロットの操縦ミス」だった。 普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが昨年12月13日、名護市安部の沿岸部に墜落した事故で、米軍は防衛省に最終報告書を提出した。事故の原因を「困難な気象条件下で、空中給油訓練を行ったパイロットの操縦ミス」と結論付けた。