【東京】内閣府沖縄振興局は12日、2016年度に実施した「沖縄子供の貧困緊急対策事業」の実施状況を発表した。今年3月の支援員数は105人で、半年前の16年9月より5人増。居場所は122カ所で、半年前より30カ所増えた。