政府が進める名護市辺野古の新基地建設で、県は13日午前、国との対応や建設阻止に向けた手段を集中して検討する特別班を知事公室地域安全政策課内に設置した。基地問題を担当する安慶田光男副知事が5人に辞令を交付した。  基地対策課と土木課から2人が地域安全政策課に異動し、専任する。