現在、日本人の2人に1人が一生のうちにがんに罹患(りかん)しています。がんは国民病とまで呼ばれ、対策が急がれている病気です。国のがんに対する政策は、がん対策推進基本計画に沿ってなされています。この計画が2012年に一部改訂され、子供へのがん教育を進めるという目標が明記されました。