【うるま】うるま署は8月23、24の両日、認知症サポーター養成講座を同署で開いた。認知症による一人歩きで行方不明になり、警察に保護される事例が増える中、症状の特性などを学んで的確に対応できる人材の育成を目指す。2日間で署員約70人が参加した。