当初、台湾南部に進むと見られた台風18号。しかし、高気圧や偏西風の影響で東寄りに進路を変え、15日にはブーメランのように急転回し、九州地方に向かう見通しだ。 台風は高気圧のへりに沿って進む。沖縄気象台によると、沖縄地方は数日前まで太平洋高気圧の張り出しが強く、台風は台湾方面に進むと見られていた。