沖縄県警は13日、県内の50代男性会社員が、金融機関職員を装う人物に電話でインターネットバンキングの暗証番号を聞き出され、約220万円を不正送金される被害が発生したと発表した。 電話で暗証番号を聞き出す手口の被害は県内初。