中国福建省の省都で那覇市と友好都市の福州市と、那覇市を結ぶ定期便が7月1日に就航することが15日分かった。中国駐福岡総領事の李天然氏が沖縄県庁を訪れ、翁長雄志知事に伝えた。  中国東方航空が福州市の長落国際空港と那覇空港の間を週2往復する。180人乗りの機材を予定している。