【久米島】久米島のサトウキビ産業を活気づけようと「さとうきびの日」の4月26日、久米島町仲地のサトウキビ農場で春植え用苗収穫作業が行われた。  初夏の日差しの中、生産農家や町役場、JA、久米島製糖など関係者70人余が、サトウキビ増産に向けた援農作業に爽やかな汗を流した。