捕まれば殺される。本作はゲームでもサスペンスでもない事実に基づく物語。

「少女ファニーと運命の旅」の一場面

 1943年、ナチス占領下のフランス。ナチスに追われるユダヤ人の少女ファニーは13歳。妹2人を含む9名は引率者とはぐれ、ファニーをリーダーに子供だけでスイス国境を目指すことになる。

 幼い妹が問う「ユダヤ人は悪いことなの、悪いことならやめれば」と。聞かれた少年は「ユダヤ人はやめられないのだよ」とうつむく。

 極度の緊張が支配する画面。ファニーと一緒に心拍数が上がり思わず椅子の肘掛けを握る。性差や肌の色や出自を改めることなど、不可能と知っていて迫害するのはいつの世も立派な大人たち。極限のさなかに人を救うのは強さではなく希望なのだと改めて感じながら、あまりの理不尽さに握る拳のやり場を探す。(スターシアターズ・榮慶子)

 ◇16日からシネマパレットで上映予定