150年ほど前には、手術などで医師が手を洗うという概念がなかったことをご存じだろうか? 手洗いは、感染症予防のために日常生活や医療の分野で行うことは、現在では当たり前となっているが、当時は十分に行われずむしろ排斥されていたこともあった。