沖縄県警は8日から、スマートフォンの無料アプリ「Yahoo!防災速報」を使った防犯情報の配信を始めた。九州初という。女性や子どもへの声掛けや不審者情報、特殊詐欺や強盗など重大事件の未然防止につなげたい考え。県警生活安全企画課は「より多くの県民が防犯情報を入手し、家族間でも共有してほしい」と呼び掛けている。

(資料写真)沖縄県警本部

 県警がまとめた情報を、アプリを通して利用者に配信する仕組み。事件が発生した場合は24時間以内の最新情報を配信し、警戒を呼び掛ける。ひったくり事件などは発生場所付近の地図や時間、被害状況などが表示される。把握したい市町村を三つまで登録できる。登録外の地域でもGPS機能で現在地の情報が配信されるため、旅先や出張で来県した利用者にも便利。全国の地震や津波、土砂災害など13項目から設定した情報も得られる。

 県警はこれまで、防犯情報などを配信する「安心ゆいメール」で注意を呼び掛けているが、登録者が約7600人と少ない。同アプリは県内を登録した利用者が約7万8千人と多い利点を生かしたい考えだ。